オーストラリアの大学留学は手数料無料と現地エージェントのしっかりしたサポートが人気の「オーストラリア大学留学専門サポートセンター」
オーストラリア大学留学専門サポートセンター
オーストラリア大学留学メリット大学留学のながれ留学費用オーストラリア大学一覧現地サポート当社について

HOME > オーストラリア留学攻略ガイド > オーストラリア留学の現地生活費はいくら必要なのか?
オーストラリア最新ニュース
はじめての方へ
オーストラリア留学のメリット


オーストラリア留学ガイド一覧
知っとく情報












オーストラリア留学の現地生活費はいくら必要なのか?


オーストラリアに留学をする際に気になるのが、学費や航空券、ビザ代などの初期に必要な費用以外のかかる生活費用ですよね。
オーストラリア滞在にかかる費用として、家賃・食費などが考えられますが、住んでいる都市や生活スタイルによってその費用は変わってきます。

主な費用は、 家賃(シャアハウス・ホームステイ・学生寮)、食費、携帯代、交通費、その他必要な費用になります。
上記の費用を考慮しておく必要があります。
では、オーストラリアでの生活費はどのぐらいかかるのでしょうか?


オーストラリアの家賃について



オーストラリア留学にかかる現地生活費で大きく比重を占めるのは「家賃」です。
多くの方がオーストラリア到着後にホームステイや学生寮に住む人が多いです。
のちにシェアハウスといたところに住むといった流れが多く、弊社でもまずは現地の生活に慣れるためにホームステイをお勧めしています。

■学生寮

学生寮には大学運営、民間運営といくつかタイプがあります。
どれも内容は似ていて、キッチンや風呂、トイレ、洗濯機は共同で、部屋が1人か複数でシェアかという違いです。
学生寮の費用はだいたい$180~300(週)程度となります。


■シェアハウス

シェアハウスはシェアする人数によって料金が異なり、一人部屋) – $150~180(週)程度、4人でシェアとなると安ければ $100程度になる場合もあります。


■ホームスティ

オーストラリアでのホームステイに必要な費用は、週あたりの「宿泊料」だけではありません。
どの都市に滞在しても、一般的なホームステイには手配料・宿泊料・空港出迎え料が必要となります。
料金はホームステイ(一人部屋、平日2食、週末3食) – $260~270(週)程度となります。


オーストラリアの食費について



オーストラリアは何といっても外食が高いです。日本と比べても少し高い印象です。
ランチであれば$10以下(約800円)を探すのはちょっと難しいかもしれません。
ランチでは、だいたい日本円にすると1,000円~2,000円くらいが相場でしょう。
ただし、ハッピーアワーなど安くなる時間があったりするので、色々調べていくと面白いです。

また、自炊する分には日本にいるのとさほど変わりない感じです。
食費を節約したい場合は自炊がお勧めです。

オーストラリアの物価についての詳細はこちら


オーストラリアでの携帯代について



オーストリアに留学中にも必要となるのが携帯電話やスマートフォン。
オーストラリアで携帯を使うためには、現地の通信会社と契約する必要があります(プリペイドも可能)。
日本の携帯の契約と同じように、通信会社・プラン(データ通信量や無料通話)を選んで自身の生活に合った契約をすることができます。

また、オーストラリアの大手3社の携帯料金は概ね$40~45程度(3,200円~)となります。
ただし、日本のようにパケット通信は使い放題ではありません。
各携帯会社によって異なりますが、上記料金で使えるパケット通信は3~8GB程度となります。

世界的に見てもパケット使い放題は日本独特のサービスになります。

■日本からSIMフリーのスマートフォンを持ち込む場合

日本でお持ちの携帯がSIMフリーのスマートフォンの場合、オーストラリアでIMカードを購入して携帯のプランに契約し、自分のスマホに挿入するだけで現地の携帯として利用できます。

オーストラリアの携帯電話会社ではVodafone、OPTUS、Telstraの3社が有名です。
これらの携帯電話会社はプリペイドSIMカードを販売しています。
そしてプリペイドSIMであれば電気屋さんやスーパーマーケットや空港などでも購入ができるので比較的入手しやすいです。

■日本からSIMフリーではないスマートフォンを持ち込む場合

日本でお使いのスマホがSIMフリーではない場合、空港や学校、カフェなどさまざまな施設で無料Wi-Fiが提供されているため、無料のWi-Fiスポットを調べて、そこで利用すれば電話やSMS以外の機能は利用できるようになります。
Wi-Fiスポット以外では電波が使えないので、快適に使うならば現地の携帯電話機を1台購入(またはレンタル)する事をおすすめします。

【オーストラリアのレンタル携帯電話】
もちろんオーストラリアで携帯電話セット(本体、充電器、シムカード)をレンタルすることが出来ます。プラン、レンタルする会社によっても違いはありますが、1週間単位であったり、10日間単位であったり、月単位で借りることが出来ます。

【オーストラリアのプリペイド携帯電話】
また、レンタルではなく自分のものにしたいとい方はプリペイド携帯電話が良いでしょう。
レンタルではないので携帯本体の機種を購入し、購入したSIMカードを入れて使用する形になります。


オーストラリアの交通費



オーストラリアは土地が広いこともあり車社会ですが、学生さんの多くは電車やバスなどでの移動が多い事でしょう。
料金は都市によっても異なりますが、ここでは私たちがオフィスを構えるクイーンズランド州での交通費のお話をさせて頂きます。


基本はゾーン制

日本ではあまり馴染みのない制度なのですが、バスや電車、トラムなどは駅ごとにzone1~8まで区分けされており、自分の利用する駅・バス停から行先の駅・バス停までどれだけzoneを移動したかで料金が異なります。
ですので、同じzone内の駅・バス停であれば、1駅分の移動だろうが、3駅分の移動だろうが料金は同じになります。
ですが、ひと駅隣であってもzoneが違う場合にはzone間を移動したことになるので、少し料金が高くなります。
面白い制度ですよね。

zone毎の料金

日本ではあまり馴染みのない制度なのですが、バスや電車、トラムなどは駅ごとにzone1~8まで区分けされており、自分の利用する駅・バス停から行先の駅・バス停までどれだけzoneを移動したかで料金が異なります。
ですので、同じzone内の駅・バス停であれば、1駅分の移動だろうが、3駅分の移動だろうがzone1の料金で移動が可能です。
ですが、ひと駅隣であってもzoneが違う場合にはzone間を移動したことになるので、zone2の料金となり少し高くなります。
面白い制度ですよね(笑

また、毎回チケットを購入して乗るより、GoCardという日本でいうところのSuicaのようなカードがあるので、そのカードを購入して利用すると料金を安く抑えることが出来ます。

zone Go Cardの場合 都度チケット購入の場合
1 $3.37 $4.90
2 $4.11 $6.00
3 $6.28 $9.10
4 $8.26 $12.00
5 $10.86 $15.70
6 $13.79 $20.00
7 $17.14 $24.90
8 $20.34 $29.50


zoneの区分けの詳細はこちらよりご確認いただけます。



 


オーストラリア留学攻略ガイド一覧へ
お問合せ
無料お見積り
お申込みフォーム





最新の更新情報

2021.09.13(月)世界で3番目に大きな砂の島、モートン島についてUPしました

2021.09.10(金)ブリスベンの人工ビーチについてUPしました

2021.09.09(木)2大スーパーの1角、Coles(コールス)についてUPしました

2021.09.08(水)2大スーパーに追随するドイツ系スーパー・ALDIについてUPしました

2021.06.07(月)オーストラリアではチップは必要?についてUPしました

2021.06.04(金)オーストラリア留学にあたり知っておきたいスマホ事情についてUPしました

2021.03.23(火)オーストラリアの語学学校一覧についてUPしました

2021.03.03(水) オーストラリアの語学学校の特長についてUPしました

2021.03.01(月) シェアハウスの探し方についてUPしました

2021.02.19(金) ホームステイの長所、短所についてUPしました

2021.02.12(金) オーストラリアの現地生活費はいくら必要なの?についてUPしました

2021.01.07(木) オーストラリア大学出願までの流れ(高校3年生向け)についてUPしました

2020.11.27(金) オーストラリアの物価についてUPしました

2020.11.27(金) オーストラリアの飲酒事情についてUPしました

2020.11.26(木) オーストラリアの交通事情についてUPしました

2020.11.26(木) 日本人留学生の多い国別ランキングについてUPしました

2020.11.25(水) オーストラリアの大学別留学生の人数についてUPしました

2020.11.24(火) オーストラリア最大の大手酒屋チェーン「BWS」についてUPしました

2020.11.20(金) オーストラリアではあると便利!国際運転免許証についてUPしました

2020.8.26(水) オーストラリアの州のご紹介についてUPしました

2020.8.25(火) オーストラリアの郵便局についてUPしました

2020.8.21(金) オーストラリア国内の様々なランキングについてUPしました

2020.8.03(月) オーストラリアの主要都市紹介についてUPしました

2020.8.02(日) 留学前に作っておきたいクレジットカードについてUPしました

2020.8.01(土) 在留届の提出についてUPしました

2020.7.17(金) オーストラリアに持ち込めないものについてUPしました

2020.7.15(水) オーストラリアの大学・大学院奨学金についてUPしました

2020.7.14(火) 海外留学生保険についてUPしました

2020.6.10(水) オーストラリアへの常備薬の持ち込みについてUPしました

2020.6.9(月) 約400店舗が入るショッピングモール「パシフィックフェア」についてUPしました

2020.6.5(金) オーストラリアでのアルバイトの探し方についてUPしました

2020.5.19(火) ゴールドコーストの交通手段のトラム(G:Link)についてUPしました

2020.5.18(月) 観光スポットサーファーズパラダイスビーチについてUPしました

2020.3.17(火) 新型コロナウイルスに関するオーストラリアの状況についてUPしました

2020.2.18(火) 日本とオーストラリアの生活習慣の違いについてUPしました

2020.2.17(月) 学生寮の費用についてUPしました

2020.1.22(水) ファウンデーションコースとは?についてUPしました

2020.1.21(火) パスポートの取得についてについてUPしました

2020.1.20(月) IELTSとは?についてUPしました

2020.1.17(金) オーストラリア政府認定留学カウンセラーとはについてUPしました

2020.1.16(木) 入国カードの記入方法についてについてUPしました

2019.11.13(水) オーストラリアでシェアNo.1スーパー「Woolworth」について

2019.11.12(火) オーストラリア最大の銀行「ANZバンク」について

2019.11.11(月) 留学生の味方!生活必需品が安く揃うディスカントストア「Kmart」について

2019.11.09(土) 無料個別説明会にお申込みが殺到している為、開催日を追加いたします。

2019.11.04(水) オーストラリアへの留学にあたりビザ手続きの基礎知識

2019.10.29(火) オーストラリア留学でのお金の準備方法>

2019.10.25(金) オーストラリアのコンセントの形状・電圧等について







Copyright 2020 オーストラリア大学留学専門サポートセンター All rights reserved.