オーストラリアの大学留学は手数料無料と現地エージェントのしっかりしたサポートが人気の「オーストラリア大学留学専門サポートセンター」
オーストラリア大学留学専門サポートセンター
オーストラリア大学留学メリット大学留学のながれ留学費用オーストラリア大学一覧現地サポート当社について

HOME >主な語学留学先の治安について
オーストラリア最新ニュース
はじめての方へ
オーストラリア留学のメリット


オーストラリア留学ガイド一覧
知っとく情報












主な語学留学先の治安について



海外旅行でもそうですが、特に長期にわたって留学、渡航する方や親御さんにとっては、留学先の国の治安はとても気になりますよね。
特に世界で一番治安の良い日本で暮らしているとそれが当たり前になり、海外へ行ったときにも日本にいる時と同じような感覚で外出してしまいがちです。
また、毎年のように日本人留学生が事件に巻き込まれているニュースを見ていると、できるだけ身の危険がない地域で勉学に集中したいものです。
あまり知られていませんが、オーストラリアは銃規制がされており、治安は他の国と比べると非常に良いです。そこで主な留学先の国と見比べてみましょう。

銃による事件、殺人事件の発生率


国名

銃による殺人事件・死亡事故が起こる確率

殺人発生率
アメリカ 31.2人/100万人中 5.35人/10万人中
フィリピン ────── 11.02人/10万人中
カナダ 5.6人/100万人中 1.68人/10万人中
イギリス ─── 1.20人/10万人中
アイルランド 4.8人/100万人中 0.80人/10万人中
ニュージーランド ─── 0.99人/10万人中
オーストラリア 1.7人/100万人中 0.94人/10万人中
日本 0.1人/100万人中 0.28人/10万人中


日本ではようやく小学校でも英語が必修となる予定ですが、今後ますます世界で活躍できるような「グローバル人材(英語を使えることはもちろん、国際的な感覚、柔軟で広い視野を持った人材)」が求められてきています。

実際に、ここ最近は多数の一流企業が「海外の大学や専門学校を卒業した人材」を確保すべく、海外大学卒業者向けの説明会などを積極的に開催、人材確保の競争が過熱しています。

2020年東京オリンピックを控え、この傾向はますます顕著となることは間違いありません。






世界の平和度ランキング






この世界平和度ランキングは世界163ヵ国を対象に調べ、国内紛争や治安悪化、軍事力強化など平和維持への不安要素が大きいほど順位が低くなり、不安要素がない国は順位が高くなるものです。
やはり日本やオーストラリアは他の国と比べると平和なのだという事がよくわかります。


世界の平和度ランキング


国名 各国の近年の治安
アメリカ
銃大国アメリカ、銃による犠牲者(自殺も含む)は2013年で年間約3万3000人にものぼる。12年間ではおよそ35万人前後の人が銃によってなくなっている。
また、近年ではテロなどの事件も増え、銃以外での死傷者も増えています。
フィリピン
日本人の殺害事件が過去10年で40件ほどと、日本人が被害にあっている国としては最もいいのがフィリピン。
銃保持が合法化されていることも影響している。また、わずか100ドルでヒットマン(プロの殺し屋)が雇えるという背景もある。アメリカよりもはるかに治安が悪く、語学学校によっては学校の敷地から出てはいけないなど、街にくりだすときは最新の注意が必要です。
カナダ
先進国の中では銃規制がされており比較的治安が良いとされるカナダですが、日本と比較した場合犯罪率は5倍になります。特に多いのがスリや置き引きなどの軽犯罪が多発しています。
イギリス
銃による事件が少なく治安も良いイギリスですが、2015年から2017年にかけて4件のテロ事件が発生しています。
また、2009年に警官の人数が16%削減されてからは、警官不足もあり軽犯罪は放置され、治安が以前より悪くなってきているのでご注意を。
アイルランド
アイルランドは他のヨーロッパ諸国と比べると治安はかなり良いです。
しかし、銃による事件は少ないもののスリや置き引きは日常茶飯事です。
特にアジア人は狙われることが多いのでご注意を。
また都市によってはギャング文化があり、ギャング同士の喧嘩に巻き込まれないよう気をつけましょう。
ニュージーランド
オーストラリア同様、英語圏の国々の中では治安はかなり良い方です。
銃犯罪や脅迫犯罪も少ないのですが、置き引きや空き巣などは日本と比較すれば多いのが現状です。2014年のニュージーランド全国における犯罪の発生率は日本の約8.6倍となっています。
オーストラリア
オーストラリアでは1996年4月28日に起きた銃の乱射事件で35人の方が亡くなったことをきっかけに、政府が銃規制法を導入し、以降銃による犯罪事件が激減し、英語圏の国の中では治安はかなり良い方です。
とはいえ、観光地などでの置き引きなどはありますのでご注意を。
ちなみにオーストラリアの犯罪率は日本の1.5~1.6倍と日本と比べれば多いですが、治安はかなり良い方です。
日本
言わずと知れた日本。日本は治安が良すぎて、日本と比べてしまったらどこの国も治安が悪くなってしまいます。
治安のよい国に生まれて私たちは幸せです。





最新の更新情報

2020.8.03(月) オーストラリアの主要都市紹介についてUPしました

2020.8.02(日) 留学前に作っておきたいクレジットカードについてUPしました

2020.8.01(土) 在留届の提出についてUPしました

2020.7.17(金) オーストラリアに持ち込めないものについてUPしました

2020.7.15(水) オーストラリアの大学・大学院奨学金についてUPしました

2020.7.14(火) 海外留学生保険についてUPしました

2020.6.10(水) オーストラリアへの常備薬の持ち込みについてUPしました

2020.6.9(月) 約400店舗が入るショッピングモール「パシフィックフェア」についてUPしました

2020.6.5(金) オーストラリアでのアルバイトの探し方についてUPしました

2020.5.19(火) ゴールドコーストの交通手段のトラム(G:Link)についてUPしました

2020.5.18(月) 観光スポットサーファーズパラダイスビーチについてUPしました

2020.3.17(火) 新型コロナウイルスに関するオーストラリアの状況についてUPしました

2020.2.18(火) 日本とオーストラリアの生活習慣の違いについてUPしました

2020.2.17(月) 学生寮の費用についてUPしました

2020.1.22(水) ファウンデーションコースとは?についてUPしました

2020.1.21(火) パスポートの取得についてについてUPしました

2020.1.20(月) IELTSとは?についてUPしました

2020.1.17(金) オーストラリア政府認定留学カウンセラーとはについてUPしました

2020.1.16(木) 入国カードの記入方法についてについてUPしました

2019.11.13(水) オーストラリアでシェアNo.1スーパー「Woolworth」について

2019.11.12(火) オーストラリア最大の銀行「ANZバンク」について

2019.11.11(月) 留学生の味方!生活必需品が安く揃うディスカントストア「Kmart」について

2019.11.09(土) 無料個別説明会にお申込みが殺到している為、開催日を追加いたします。

2019.11.04(水) オーストラリアへの留学にあたりビザ手続きの基礎知識

2019.10.29(火) オーストラリア留学でのお金の準備方法>

2019.10.25(金) オーストラリアのコンセントの形状・電圧等について







Copyright 2020 オーストラリア大学留学専門サポートセンター All rights reserved.