オーストラリアの大学留学は手数料無料と現地エージェントのしっかりしたサポートが人気の「オーストラリア大学留学専門サポートセンター」
オーストラリア大学留学専門サポートセンター
オーストラリア大学留学メリット大学留学のながれ留学費用オーストラリア大学一覧現地サポート当社について

HOME > オーストラリア留学攻略ガイド > オーストラリアの電圧、変換プラグ等について
オーストラリア最新ニュース
はじめての方へ
オーストラリア留学のメリット


オーストラリア留学ガイド一覧
知っとく情報












オーストラリアの電圧、変換プラグ等について

海外が初めての方は、日本の電化製品を持って行っても使えると思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、オーストラリアと日本では電圧そのものも違いますし、コンセントの形状も異なります。
そこでオーストラリアの電圧や変換プラグについて日本との違いをお話しします。

オーストラリアの電圧

オーストラリアの電圧は240Vになります。
日本は100Vですので、非常に高いことがわかります。
その為、日本の電化製品をそのまま挿すと火災の原因や故障の原因になったりします。

とはいえ、近年はスマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどは日本国内の電圧だけでなく、海外の電圧に対応しているものがかなり増えていますので、まずはアダプター等に記載されている電圧を確認しましょう。
また、日本の電圧のものでどうしてもオーストラリアで使いたいという方は変圧器が家電量販店などで売られていますので、間に変圧器を使用してください。



変換プラグについて

電圧の問題をクリアしたら次はコンセントの形状の問題が出てきます。
私たちに馴染みあるコンセントの形状は日本だけの形で、国によって形状が異なります。

日本のコンセント形状はA形プラグと言い、オーストラリアのコンセント形状はハの形をしたO型、あるいはO2型のプラグです。

この変換プラグがないとコンセントに挿せませんので必ず日本で購入して持参しましょう。
こちらも家電量販店で200~300円前後で買えます。



変圧器が必要なものは現地調達

変圧器を購入すれば日本の電化製品が何でも使えると思うかもしれませんが、携帯用の変圧器はそこまで変圧できる最大値が大きくないため、電気使用量の高いドライヤー等では変圧できる容量をオーバーします。

ですので電気の使用量の多いものは、現地で調達するか、あるいは日本で国内外併用できるものをあらかじめ用意すると良いです。




お問合せ
無料お見積り
お申込みフォーム




最新の更新情報






Copyright 2019 オーストラリア大学留学専門サポートセンター All rights reserved.