オーストラリアの大学留学は手数料無料と現地エージェントのしっかりしたサポートが人気の「オーストラリア大学留学専門サポートセンター」
オーストラリア大学留学専門サポートセンター
オーストラリア大学留学メリット大学留学のながれ留学費用オーストラリア大学一覧現地サポート当社について

HOME > オーストラリア留学攻略ガイド > 海外留学生保険について
オーストラリア最新ニュース
はじめての方へ
オーストラリア留学のメリット


オーストラリア留学ガイド一覧
知っとく情報












海外留学生保険について


オーストラリアへ学生ビザで滞在する全ての学生はOverseas Student Health Cover(OSHC: 外国人留学生健康保険)への加入が義務付けられています。

オーストラリア滞在中にかかった病気、怪我などの治療費や救急車の費用などをカバーするもので、コースの期間に関わらず、学生ビザの期間分、加入する必要があります。 ほとんどの学校には提携している保険会社があり、OSHCの申し込み手続きは学校が代行します(学校によって取り扱っている保険会社が異なります)。

入学手続き時に学校が授業料と併せて保険料を請求し、生徒の代りに保険会社に支払いをします。
学校によっては、個人でOSHCの申し込み手続きをするよう案内されることもあります。


OSHCの適用範囲

保障対象となるもの

・医師による治療
医師による治療や血液などの検査費は、メディケア給付率規定(Medicare Benefits Schedule (MBS) )で定められた規定料金の範囲内で全額カバーされます。

・専門医を含む医師による治療
血液検査などの検査費用レントゲン
ほとんどの場合、病院内で治療を行うGP(一般医)での受診時には規定料金の100%、専門医などの院外治療では規定料金の85%がOSHCによってカバーされます。

・病院内での医療費
病院内での医療費は規定料金の100%をOSHCが負担しますが、病院や医師から規定料金を超える請求があった場合は、その差額は本人負担となります。
病院外治療の給付率は、治療項目ごとに定められた「アイテムナンバー」によって決められます。給付率が規定料金の85%の場合、患者は規定料金と負担金の差額(15%)を支払います。

・病院費
公立病院(Public hospitals)、私立病院(Private hospitals)共に治療費、入院費を含め、基準額を超える場合の差額を除いて、全てOSHCによりカバーされます。私立病院の場合はすべてOSHCによりカバーされますが、公立病院より請求額が高額になるケースが多く、規定料金を超えた額は自己負担になります。

・緊急時の救急車移送
全額OSHCで負担されます。

・処方薬
避妊ピルなど一部のものを除き、ほとんどの処方薬はOSHCによってカバーされます。

・現行の医薬品給付金規定(pharmaceutical benefits scheme(PBS))に定められた患者負担額より上回る費用
$50を上限としてOSHCでカバーされます。また年間でカバーされる金額の上限が決まっており、メディバンクの場合、個人加入で1人年間$300、家族加入で年間$600(1人あたり年間$300)を超える金額は自己負担となります。


適用対象外のもの

以下はOSHCにおける適用対象外のものになります。
但し、追加料金を支払い、特約のような形であれば適用となるものもございます。
これらはOSHC essentialとOSHC standardとの違いで、通常はstandardのみ加入です。

・国外でのサービスや治療
オーストラリアへの(からの)渡航中に受けたサービスや治療は対象外です。

・既存の疾患
既存の疾患、症状、障害に関する治療や、既存の疾患、症状、障害によって二次的に発生した障害や症状に関する治療は、学生ビザの発給日か入国日のうち、どちらか遅い日から換算して12ヶ月間は保証対象外となります。

・歯科治療
保険対象外です。オーストラリアは歯の治療費が非常に高いので、留学前に歯はしっかり治療しましょう。

・眼鏡、コンタクトレンズ
保険対象外です。コンタクトレンズは現地の眼鏡屋で購入することができます。

・ビザ有効期間が3ヶ月未満での妊娠・出産に関するサービスや治療
ビザの有効期間が3ヶ月未満の場合、妊娠・出産に関するサービスや治療費は対象外となります。それ以外の場合、妊娠は既存症扱いにはならず、加入時点で妊娠していた場合でも保証対象となります。

学生保険の妊娠カバーは12ヶ月のwaiting periodがあります。(加入から12ヶ月以内はカバーされない)。なので、加入時に妊娠していたら保険適用外になります。

・不妊治療
体外受精を含む、人工授精プログラムに関連した治療やサービスは対象外です。



最後に、学生保険(OSHC)はあくまでオーストラリア滞在中の医療費が対象です。
その他携行品、交通事故などによる賠償責任、援助者費用なども含む海外旅行保険の加入をお勧め致します。



 


オーストラリア留学攻略ガイド一覧へ
お問合せ
無料お見積り
お申込みフォーム





最新の更新情報

2020.11.27(金) オーストラリアの物価についてUPしました

2020.11.27(金) オーストラリアの飲酒事情についてUPしました

2020.11.26(木) オーストラリアの交通事情についてUPしました

2020.11.26(木) 日本人留学生の多い国別ランキングについてUPしました

2020.11.25(水) オーストラリアの大学別留学生の人数についてUPしました

2020.11.24(火) オーストラリア最大の大手酒屋チェーン「BWS」についてUPしました

2020.11.20(金) オーストラリアではあると便利!国際運転免許証についてUPしました

2020.8.26(水) オーストラリアの州のご紹介についてUPしました

2020.8.25(火) オーストラリアの郵便局についてUPしました

2020.8.21(金) オーストラリア国内の様々なランキングについてUPしました

2020.8.03(月) オーストラリアの主要都市紹介についてUPしました

2020.8.02(日) 留学前に作っておきたいクレジットカードについてUPしました

2020.8.01(土) 在留届の提出についてUPしました

2020.7.17(金) オーストラリアに持ち込めないものについてUPしました

2020.7.15(水) オーストラリアの大学・大学院奨学金についてUPしました

2020.7.14(火) 海外留学生保険についてUPしました

2020.6.10(水) オーストラリアへの常備薬の持ち込みについてUPしました

2020.6.9(月) 約400店舗が入るショッピングモール「パシフィックフェア」についてUPしました

2020.6.5(金) オーストラリアでのアルバイトの探し方についてUPしました

2020.5.19(火) ゴールドコーストの交通手段のトラム(G:Link)についてUPしました

2020.5.18(月) 観光スポットサーファーズパラダイスビーチについてUPしました

2020.3.17(火) 新型コロナウイルスに関するオーストラリアの状況についてUPしました

2020.2.18(火) 日本とオーストラリアの生活習慣の違いについてUPしました

2020.2.17(月) 学生寮の費用についてUPしました

2020.1.22(水) ファウンデーションコースとは?についてUPしました

2020.1.21(火) パスポートの取得についてについてUPしました

2020.1.20(月) IELTSとは?についてUPしました

2020.1.17(金) オーストラリア政府認定留学カウンセラーとはについてUPしました

2020.1.16(木) 入国カードの記入方法についてについてUPしました

2019.11.13(水) オーストラリアでシェアNo.1スーパー「Woolworth」について

2019.11.12(火) オーストラリア最大の銀行「ANZバンク」について

2019.11.11(月) 留学生の味方!生活必需品が安く揃うディスカントストア「Kmart」について

2019.11.09(土) 無料個別説明会にお申込みが殺到している為、開催日を追加いたします。

2019.11.04(水) オーストラリアへの留学にあたりビザ手続きの基礎知識

2019.10.29(火) オーストラリア留学でのお金の準備方法>

2019.10.25(金) オーストラリアのコンセントの形状・電圧等について







Copyright 2020 オーストラリア大学留学専門サポートセンター All rights reserved.